« 9月26日の東洋町議会について | トップページ | 頂いたカンパの報告のあり方について思う »

2007年10月 2日 (火)

「東洋町をクリーンにする会」により撒かれたビラ

 先日、東洋町甲浦地区にまたビラが撒かれた。余程、山本議員と田島議員が目の上のたんこぶのようであるが、町長派の運動は組織立ってきた様である。

■ まず、一枚目のビラ画像から検証する。

Photo 揉み消しも何も、新聞にも載った訳であるので、社会的制裁は受けている。既に支払いを終えて、監査役の辞任と言う事で議員としての道義的責任も取られており、議会もこれ以上追及する必要はないと結論づけたのである。それでも納得出来なくて、住民運動で決着をつけると言う事なのか?

 町会議員よりも厳しく追及される国会議員でさえ、年金問題では、年金を支払っていなかったにも係わらず、謝罪し役職を辞任する事で、決着した。それは、年金と言う重い政策を担っているからこそである。

 山本議員の場合は、支払えない事情があった訳で、役場と相談のうえで、分割でも収めたのであるから、これ以上の追及は、滞納問題が社会的犯罪とでも主張しない限り無理が在る。道徳的責任の追及で留めるべきである。

 田島議員は、監査役としては適任であろう。彼は、勉強熱心で、正義感が強く、嘘のつけない性格である。しかも、しがらみがない方である。後任としては、望ましい適任者と言えるだろう。

 住民感情は理解出来るが、議会の判断は、常識的と言えるだろう。

 野根の事務所がリフォームされたのは、沢山保太郎後援会が立ち上がった後であるので、このビラの記述は、事実誤認である。

 議員が、候補者に対して寄付をするのは、公職選挙法に触れる恐れがある。当然受け取った側も違法になる恐れがある。田島議員の対応は、なんら不当なものではないと言える。

■ 次に、2枚目のビラ画像ついて検証する。

Photo_2 田島議員が、沢山氏とたもとを分かったのは、ひとつの原因として、田島議員が立候補すると言った時に、事務局のメンバーらの拒絶にあった事もあるのではないかと思われるが、沢山氏による後援会の代表変更が、決定的原因と思われる。正義感の強い田島議員には許されない行為だったのであろう。

 彼は、潔癖症ではあるが、利権にしがみつくタイプではない。町長のダブルスタンダードが許せなくて追求をするのではあるが、町長にのらりくらりかわされている事は確かである。

 町の中に敵対的状況を作り出したのは、田島議員ではない、彼には、そんな組織的なつながりは無い。何時も一匹狼である。しかも正義感が強く、沢山氏の町政に対する疑問点に実直に対応しているだけと言えるだろう。

 敵対的状況を作り出した原因があるとすれば、町長の対立軸を常に意識したその手法であると言えるのではないか。

 それは、町長が就任後、様々なメディアに、推進派の利権の本丸は、商工会と観光協会にあると言っていた事から伺い知れる。この二つとも殆どのメンバーは、反核の立場であり、自民党員で反核の立場を取る方も多数いたが、反核運動の為に自民党を離党した方までいるのである。

 まさか町長が、この様に執拗な一連のビラを作らせて撒かせた訳ではないであろうが、町内では今、推進派でない人達が、推進派と言われたり、利権には一切係わりのない方が、利権にしがみついていると言われたり、レッテル貼りが横行している。

ライター:高野 襄

|

« 9月26日の東洋町議会について | トップページ | 頂いたカンパの報告のあり方について思う »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/442002/7750912

この記事へのトラックバック一覧です: 「東洋町をクリーンにする会」により撒かれたビラ:

» 東洋町町長による各団体処分の不当性(10/02 17:10 画像追加) [応えは 風に聴け。。]
沢山氏が町長になってから、不正の本丸とされてきた、東洋町の観光、 産業を支えてき [続きを読む]

受信: 2007年10月 3日 (水) 00時05分

« 9月26日の東洋町議会について | トップページ | 頂いたカンパの報告のあり方について思う »